2018年03月26日

求人用サイトって需要あるの?

交際クラブの求人用サイトをよく見かけますが、実際需要があるのでしょうか。
答えは『あるにはあるがマッチしていない』が正解でしょう。

交際クラブ業界の場合、男性も女性も基本的には交際クラブやデートクラブというものの言葉を知っている状態でウェブサイトにアクセスしてきます。

つまり、『愛人作り』や『お小遣い稼ぎにという』という言葉をきっかけにたどり着くわけではないのです。

もしかすると『高収入』『アルバイト』『稼げる』『日払い』といった言葉でウェブ検索をしたことがきっかけかもしれません。

しかし、そういった世の中の多くの場面で使われる言葉では交際クラブのサイトはまず該当しません。

ですので、直接的に業界にたどり着くことは皆無であると言えるでしょう。

では、本当のきっかけはというと『風俗媒体(ポータル)サイト』がほとんどなのです。

流石に多くの女性達からすると、『風俗』というと言葉自体を敬遠してしまいます。

とはいえ、そのようなポータルサイトがなければ全くといっていいほど知る術はないのです。

今でこそテレビやメディアで多く聞かれることも増えてきていますが、やや本質からは離れている場合が多いです。

『交際クラブ』などではなく『パパ活』という言葉に置き換わっているからです。

といっても公にパパ活というと、分かる人には分かる言葉で『援交』と同じようなものです。出合い系サイトなどの方が馴染み深い言葉になっているかもしれませんね。

そんなこんなで最終的には『交際クラブ』にたどり着くわけですから、稼げる良いモノという認識になってくるのでしょう。イメージだけは良いのが取り柄かもしれません。

世の中に知ってもらえて需要が増えることは間違いありませんが、どう考えても求人や高収入アルバイトとは結びつかないことがわかるでしょう。

つまり、イコールにはなっていないからです。

某千葉のテーマパークがブランドネームだけで呼ばれ遊園地とは言われないことに近いかもしれません。遊園地に変わりはありませんが、そこは遊園地ではなくディ●ニーな訳ですからね。

それと同じで、いくら求人や高収入アルバイトと謳っても意味はないのです。

それが分かっていれば店舗サイトの需要があっても求人系サイトの需要がないのは一目瞭然ですよね。

もう少し知名度があれば良いかもしれませんが、『新規入会』や『会員登録』などという言葉が本来はマッチするものでしょう。
posted by 愛人クラブログ at 23:59 | 交際クラブ関係

2018年03月06日

もうウェブ対策は必要ない

交際クラブの業界ではウェブ対策をするケースが非常に多いです。

会員制のサービスを展開するこの業界では、各店舗のウェブサイトごとに連携することは難しいでしょう。

さらに特集を組まれウェブサイトが自然と紹介されるようなことも皆無です。

するとウェブサイトとしては一般的な業種のそれとは全く違う状況となってしまいます。

それでも自作自演のウェブサイト対策をするなどやりようはありますが、労力に見合うほどの影響力を作り上げることは難しいでしょう。

何故か?

それは、各店舗の情報を取り扱っているサイトが存在してしまうことが理由です。

こういったポータルサイトは他のサイトを紹介するものなのでリンクが存在しています。

これらのリンクによって業界の各店舗サイトは絶大な影響力を得ることとなります。

早い話がこれがあって成立するものとなってしまうのです。

こうなるとちっぽけなウェブ対策をするよりも何十倍も、リンクをもらうことの方が絶大な効果が発生するものなのです。

仮に3〜4つのポータルサイトに掲載をしてもらおうとすると、それだけでまともな状態となってきます。

それだけでウェブサイト対策はバッチリな状態となるでしょう。

他にはもう何もしなくても良いわけです。

逆にSEO対策などをしてみると逆効果になることは言うまでもありません。

もちろん効果がないわけではありません。

しかし、ほとんど意味をなさないと考えてしまって間違いはないでしょう。

普通に考えると逆効果で順位が下がる行為を積極的に行いたいとは思いませんよね。

ですので、今の業界の状態ではポータルサイトをやるだけで十分なのです。

さらにポータルサイトにバナーを出せば完璧でしょう。

バナー広告料が1つ5万なら4サイトもやれば完璧です。

すぐに店舗サイトの順位は上がってしまうことでしょう。

交際クラブの業界特有の状況であるとは言えますが、少し頭を捻ってしまえば効率よく楽な状態に持っていくことができるのです。

一昔前のように紹介サイトを乱立させるなだといった手法は古いと言わざるをえませんね。

また、昔から交際クラブの業界に存在していたポータルサイトなどは今は見る影もありません。

ウェブ対策が吉と出るか凶と出るかは一目瞭然なのかもしれません。

業界の流れに乗るだけで全ては解決できると言ってしまって良いでしょう。
posted by 愛人クラブログ at 00:44 | 交際クラブ関係

2018年01月18日

ウェブ露出を増やすには?

交際クラブの業界では自社の店舗ウェブサイトを目立たせ集客する必要があります。

この場合、集客に使える手段は3つになります。

@ SEO
A リスティング
B ポータルサイト

ここでポイントとなるものは、Bです。

@は通常通りの検索エンジン対策で自力でサイトを露出させるものです。ABに関しては、お金を使うことで広告を意図的に露出させるものです。

こうなると、どれが最も高価が高いのかという話になりますよね。

答えは@で間違いないでしょう。理由はランニングコストであるといえます。

Aはリスティング広告であるといあハンディを背負うため、そもそもクリックされる確率も低くなります。

Bはアクセス源がポータルサイト自体に依存するため、そもそものパイが低い状態になります。


ですので純粋な検索順位露出を狙った方が、知名度やアクセス数の向上などの割合が非常に高いものと言えるでしょう。

しかし、一般的なノンアダルトのジャンルに比べてしまうとかなりの見劣りがあり、業界が得られるそもそものアクセス数の限界は非常にか限られた量しかないことがネックとなるでしょう。

店舗によって一月に5〜10名の男性入会があれば良いでしょうから、順位を上位化して確実に問い合わせを稼ぐことが、交際クラブ店舗の安定につながりそうです。

確実に限りある入会者を獲得出来るように最短のルートを選択する意味でも、効果がでるものとしては、検索順位対策となるSEOに力を注ぐことが。もっとも効率の良い集客方法であると言えるでしょう。




posted by 愛人クラブログ at 01:52 | 日記・雑記