2014年10月01日

ウェブサイトのコピーコンテンツについて。

突然ですがSEO的な話です。
ウェブサイトを作る場合、コピーをしたりマネすることが多いと思います。

コピーをした100%同じ作りのウェブサイトは、ウェブ上ではどういう扱いを受けるのでしょうか。


まず、ウェブサイト上の評価としてはオリジナルサイトが優位です。

優位の理由としては、『キャッシュ時期』を考えれば一目瞭然です。

つまり、どんなに完璧に真似されていても、先にウェブサイト上で公開されているページが優位です。

この公開時期については、数時間〜数日間程度の公開時期のズレでは同じ扱いとみなされるケースが稀にあります。

ニュース記事などは、取り扱い手も多いので、ウェブ上にも同じ記事が溢れることは容易に想像がつくでしょう。

しかし、ニュース記事は圧倒的に扱われる数が多く、ネタ元サイトがあっての記事になるので、元サイトの優位性は明らかです。(引用明記もある為。ペナルティにもならない。)

では、短期間中に(小規模の範囲で)同じネタを扱ったサイトの優位性はどうなるでしょうか。

これらの結果も根本的には同じです。元ネタサイトの方が有利です。


さて、全く同じ構成のコピーサイトに検索順位を抜かれてユーザーを奪われることがあります。

こういうケースでは、特定の条件が重なると元サイトが負けてしまうことがあります。

しかし、あくまでも優劣はついたままであり、扱うサイト内のネタに関しては元サイトが有利です。

では、何故元サイトが負けてしまうのか?

これは、元サイト+αの要因がコピーサイト側にあるからなのです。

コピー元サイトが放置サイトであれば、なんとなくイメージがつかめるはずです。

コピーコンテンツが無評価であっても、その他のコンテンツに力があれば、サイトは当たり前に評価をされて行きます。

つまり、大規模な引用をしてるまでになるのです。

その他のコンテンツは、通常通り日々運営をして情報を更新していけば良いのです。

これならば検索順位で上位を取られることにも納得できます。

こういった理屈だと思われます。


☆まとめ☆

•コピー先ページは基本的に無評価。
•コピーはいくらされても問題ない。
•コピー先は引用転載的な扱いである。
•コピー元サイトは永久に有利。
•コンテンツ優劣はアップロード順(インデックス)。
•コンテンツをコピーされても元サイトに影響はない。
•サイトまるまるコピーは大規模な引用の様な物。
•文章コピーのみの無断引用ページは低評価を受ける可能性がある。

結論としては、運営上の努力が非常に重要であると言えます。世の中のウェブサイトはそれぞれがオリジナルコンテンツを持っています。もし、検索エンジンにペナルティやフィルター評価を受けるようであれば、そもそもしっかり物事を考えてサイトを作るべきでしょう。



posted by 愛人クラブログ at 23:14 | Comment(0) | SEO関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。