2014年10月13日

SEOにおける文章の評価

SEOに力を入れていると、オリジナリティを重視しようと意識するものです。

しかし、私はオリジナリティという言葉に疑問があります。

もちろん、詳しい情報力というものにも疑問があります。

何故か?

それは、オリジナリティを重視して、世界でたった一つの文章を作ったとして、それをどう評価するかは難しいからだ。

誰も書かない文章は、魅力があり新しい情報も含まれているかもしれません。

しかし、新たな文章がオンリーワンであるならば、比較的対象がないと思いませんか?

他にないコンテンツという判断は出来ても、新しい文章や言葉が独創的なキーワードや造語で構成されていると、評価自体が出来ないはずだ。

もちろん、造語キーワードなどで作り上げた文章が流行るならば他者との比較は容易いだろう。

流行りや比較という観点から文章に注目すると、如何に意味のある言葉で他者が扱う言葉かで評価の重みが変わって来るのではないだろうか?

つまり、オリジナル文章とはいうものの、文章全体に使われているキーワードの、それぞれの意味や連想ワードなどが、ウェブサイトページの深みを強めるような気がする。

要するに、如何にオリジナル文章のように魅せたとしても、所詮は単語の羅列を分析比較されているに過ぎないのではないだろうか?

これらを踏まえると、「意味の分かる文章」や「一般的な言葉」で構成されていることが何よりも大切だろう。

オリジナル文章を書いたとしても、その文章を評価してくれる他者や既存の言葉などの環境が整わなければ意味をなさないのではないだろうか?

これらのことから、新しい文章ページを作るには、メインキーワードを多く入れつつ、新しい文章や造語を忍ばせておく必要があるような気がする。

そのバランスは、9:1くらいのバランスで新しいコンテンツを紐付ける必要があるだろう。

あくまでも妄想ではあるが、SEO的に意識しておいて損はしないと思う。














posted by 愛人クラブログ at 04:27 | Comment(0) | SEO関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。