2014年12月20日

交際クラブのコンテンツ

交際クラブのコンテンツを構成していると、言葉の使い方に気をつけなければなりません。

このジャンルで頻発する現象として、「クラブ」や「倶楽部」という言葉を多く使用します。

これは、大きな間違いです。

SEOの考え方からすると、「交際クラブ」や「デートクラブ」というフレーズを使わざるをえません。

これらのコンテンツの説明をする際に、主語として使う場合、偏りが起きます。

つまり、コンテンツのバランスとして、「交際」や「デート」が足りなくなるのです。

これでは、検索エンジンにテーマを正しく伝えられません。

これを対処する為に、意図的に意識して「デートは〜」や「交際は〜」と文章を盛り込んでいく必要があるのです。

それぞれのワードが、検索エンジンにどのように認識されているのか判断できてしてしまえば、これらのコンテンツコントロールは容易です。

気をつけて対応することでテーマを強調できるのです。

「交際クラブ」「デートクラブ」は、『交際』『デート』『クラブ』という3つの扱いです。

連続での単語にはならず、切り離した形です。

つまり、連続単語であることは大切であるわけですが、どこかにそれらの単語がちりばめられていれば良いと判断できるのです。

あえて重要キーワードを、コンテンツ内に含めていれば、表現方法は問わないのかもしれません。


posted by 愛人クラブログ at 20:15 | Comment(0) | 交際クラブ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。