2015年01月30日

東京の覚え方と交際クラブの選び方

東京以外に住んでいる人は東京の地理に疎い人が多いでしょう。

交際クラブを利用する人には地理は重要です。

まず、東京の拠点や鍵となる駅を覚えましょう。

やはり、拠点は新宿でしょう。いくつかの交際クラブも存在しています。

次に覚えたい地域は渋谷です。新宿からは南の方向にしか交際クラブはありません。

渋谷へは山手線を使えばすぐに行けます。5分しかかかりません。

渋谷にもいくつかの交際クラブが存在しています。

正直、東京エリアではここまでの2つのエリアだけで十分です。

近い場所では、恵比寿や港区までの原宿青山もカバーできるでしょう。

歩いて行ける程度の距離です。

さて、交際クラブは他にもありますが、この他のエリアは3しかありません。

交通機関の安定した銀座方面

私鉄を使うことになる、目黒方面。

陸の孤島のように感じる六本木です。

アクセス面を考えると東京では赤坂は不向きでしょう。

東京のアクセス面での評価を総合すると、

1 渋谷 恵比寿
2 銀座 新宿 青山付近
3 六本木 赤坂

以上のようになります。

交際クラブを利用する人(特に女性にターゲットを絞ると)は、東京と神奈川と千葉の女性をカバーすることが楽です。

必ず乗り換えアクセスを必要とする埼玉は近くて不便なものです。

埼京線沿線には交際クラブはありません。

これらの理由から、新宿にアクセスし易い東京の女性か渋谷恵比寿目黒にアクセスし易い神奈川の女性がメインになります。

すると、やや奥目になる、原宿青山六本木の人気は低いのです。

銀座と赤坂は遠すぎて選択肢に入らないでしょう。

これらの戦略があってこそ東京の店舗を定めるべきなのです。

こういった考えが適当な交際クラブが実は多いのです。

いくら銀座や赤坂という名前にアドバンテージがあるというイメージを抱いても、

普段の生活の中で行く機会のない場所は選択肢に入りづらいのです。

単に東京といってもイメージの違いは大きいものなのです。

どこでも変わらない交際クラブだからこそ、どこに事務所があるかということが重要なのです。

交際クラブの経営者は頭が悪そうです。


posted by 愛人クラブログ at 01:40 | Comment(0) | 交際クラブ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。