2015年03月05日

東京のデートクラブに場所なんて関係ない。

デートクラブは東京と大阪が多いです。

特に多いのは東京であり、ほぼ全てが東京と言ってしまって良いでしょう。

しかし、狭い東京のエリアだけで50店舗違い企業がしのぎを削っています。

ここで気になるものはエリアです。

各店舗の特色として、地域を屋号に取り込むデートクラブが多いです。

正直な話、意識するポイントがあります。

男性利用者にはエリアは関係ありません。

なぜならば多くの店舗が事務所に会員を呼ぶ事をしないからです。

店舗型運営をしていない限りエリアは関係ありません。

つまり、東京のどこだろうとデートクラブはそれにデートクラブです。

逆に、店舗型では女性の集客に失敗しているケースが多いです。

女性を集客するには、待ち合わせができる事務所スペースは必要です。

安心して利用もできない為です。

つまりエリアがあるデートクラブは、その地域で女性を集めていると考えて良いのです。

渋谷ならギャル
銀座ならセレブ
東京なら清楚

こういったイメージで間違いはありません。

つまり店舗型の男性対応としてエリア事務所を使うデートクラブは女性会員の量に不安が残ります。

逆に事務所型で女性を集めるデートクラブは、男性が少なく女性には不利とも取れます。

こういった利点と損とのポイントを抑えることがデートクラブ選びの重要点になることは間違いありません。




posted by 愛人クラブログ at 00:52 | Comment(0) | 交際クラブ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。