2015年03月05日

ウェブから見る業界の面白さ

デートクラブ業界は面白いです。
業界の規模の面から見ても、本来はそれほど世の中に浸透していないと考えられるでしょう。

しかし、関東や関西エリアを一つの括りとしているので、大きな範囲でウェブ対策が出来る点と考えると良いでしょう。

関東でいうと、7都道府県それぞれでは個々の競合サイトは(該当検索サイト)20万件が良いところです。

しかし、7エリアが一括りなので単純に7倍の業界規模になっていると考えてしまって良いでしょう。

それを元に計算しなおすと、120万件ほどの検索結果と1万検索数にもなるビックワードと変化します。

デートクラブという『浸透していない』と考えられる言葉も、実際は規模が大きいのです。

また、ウェブ対策も個々のデートクラブ店舗ごとにしっかりと対策をされており、一般的なウェブマーケティングのレベルをも凌駕しています。

基本的に会員制のクローズサービスとなってしまう為、ウェブコンテンツの確保が徹底しており、サイトの作り込みはハイレベルです。

ウェブ対策レベルとしては『デートクラブはビックキーワード』という認識が強いのではないでしょうか。

しかし、限界も感じさせられます。

規模が大きくとも認知度の低い業界である為、検索ワード以外のアクセス集客を見込むことは非常に困難が予想されます。

これらから言えることは、新規利用者の確保と業界の宣伝が非常に難しいと判断できます。

特に外部(デートクラブ以外)向けの視点からいくと、女性会員の集客は難しい面があります。

一般的なワードを使用し多用していかなければならないと考えると、『求人』『高収入』『アルバイト』などの単純ワードでのウェブ対策が必要となります。

漠然とした一般的なワードほど困難なマーケティング集客はありません。

こういった一つ一つの項目に着目し、ウェブだけの対策を検討しなければならないハイレベルなウェブサービス業種がデートクラブなのです。







posted by 愛人クラブログ at 04:24 | Comment(0) | 交際クラブ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。