2015年03月20日

まさに戦場

デートクラブ業界を見ていると、戦場だと感じます。

その理由は、エリアが極端だからという理由です。

顕著なのは大阪でしょう。

今、大阪は熱いです。

特に熱いと感じることは、大阪ならでわでからという理由につきます。

もちろん、大阪に限らず各地域でその傾向は出ているでしょう。

大阪というエリアは、デートクラブでは弱小エリアであるが故に、今輝きを放ったと言い切ってしまって良いでしょう。

その他で言うと、東京も色々と面白い状況になっています。

東京のエリアを見てみると分かりやすいです。

渋谷、恵比寿、銀座、六本木、麻布、青山

これらは順に、注目度が高いエリアで並べてみました。

デートクラブを地域毎に分けると、ある種の人気な地域に違いが出ます。

前者の三者方面は非常に人気があります。

逆に後者は人気はあまりありません。

つまり、人の多い新宿方面はある意味有利です。

次が、渋谷方面で最後は六本木方面でしょう

何が言いたいのかというと、そもそも需要の限られる場所に店舗を構えることは、不利だということです。

西東京地方で例えると、府中は激戦区です。次に立川と続きます。

つまり、人の往来がある場所ほど有利であり、往来だけでなく生活に密着していることが重要です。

この理屈でいうと、東京駅や新宿駅方面は往来しかなく、人の生活感がない為に、非常に不利なのです。

もちろん、遊び場としては池袋のようなところは利点はあります。東京の北部の利用者も多いです。

このような土地ごとの有利不利が存在するのです。

ここを読みきってデートクラブ店舗を設置すれば、女性会員の求人は万全でしょう。

その女性会員の増加さえあれば男性会員も入ってきます。

間違った戦略を打ってしまうデートクラブは、男性目線でしか考えてないのです。

エリア利点の捉え方次第ですが、東京でも赤坂などの生活感の感じずらいエリアは避けるべきなのです。

すると、自然とデートクラブ店舗を拠点とするエリアは競合してくることになるでしょう。


posted by 愛人クラブログ at 02:20 | Comment(0) | 交際クラブ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。