2015年04月10日

残念なサイト

多くのデートクラブサイトが順位を落としている時期だと思います。
しかし、安易にウェブサイトを修正することは正しいことでは有りません。

まず、この業界は店舗の実態がありません。

現在のヴェニスアップデートに対応する為には、地域情報を含めなければなりません。

デートクラブは大別するの2種類に分かれます。

東京か大阪です。

この為、ウェブサイトのタイトルに地域名が含まれる店舗は有利になり、入らない店舗はふりになります。

これらの理屈は、現在地に依存してより近い情報を検索結果に表示するからなのです。

つまり、東京で『デートクラブ』検索をした場合、検索エンジンはその地域の情報を含むデートクラブを優先的に表示しようするので、東京という文章が含まれていなければならないのです。

同様に大阪の店舗の場合は、東京でデートクラブと検索をしてもいっさい出てきません。大阪でデートクラブと検索した場合にも東京の店舗が出て来ない訳です。

これらの理由から、現時点で一生懸命文字の追加をしようとしているデートクラブサイトが多いです。

ここに関しては多いに間違っているだろうと伝えたいです。

キーワードを装入するならばまだしも、オリジナルコンテンツを追加するサイトは自殺行為です。

何故か?

コンテンツの内部バランスが崩れるのです。

なぜ、せっか上位化しているサイトにキーワードフレーズを挿入せずに、何も考えずにテキストを追加するのでしょうか?

まず間違いなく、折角のコンテンツバランスを崩してしまってるはずです。

馬鹿ですね。

そもそものウェブ対策の考え方と知識を捨てている状態でしょう。

もしも対策エリアを変えようとするならば、内部テキストでコントロールすることはまったく意味がありません。


他作り上げて完成しているウェブサイトのコンテンツを乱れさせることしかしていないでしょう。

管理者の力量が試されるでしょう。

デートクラブはSEOが厳しく難しいジャンルであることをかならず覚えおきましょう。
とくにデートクラブはコンテンツがいのちです。

コンテンツが増えれ順位も上がるなんて安易な考えは捨てましょう。

posted by 愛人クラブログ at 03:26 | Comment(0) | 交際クラブ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。