2015年04月14日

ポータルサイト乱立

デートクラブの業界は分かりやすいものです。
検索順位が全てを決定すると考えることができるからです。

その理由は、ウェブ上にしか各デートクラブ店舗の情報が存在しないからです。


まず、多くの利用者候補群はどこからともなく『デートクラブ』という言葉を知ることになります。

その後、インターネット上で検索をすることになります。

ここで初めて、様々なサイトが存在していることを知るのです。

検索結果の該当ウェブサイト数は、100万件を超えます。

ウェブの世界では、ビックワードやミドルワードと呼ばれるほどの、なかなかの強豪揃いの業界です。

ウェブ検索結果がはじき出されると、デートクラブ店舗だけが存在しているわけではありません。

そこには、『店舗サイト』『情報ポータルサイト』『ブログ』『雑学サイト』などがひしめいています。

この時点で、情報が多く混乱することは間違いないでしょう。

デートクラブ利用者候補群は、店舗サイトにたどり着くことが非常に困難だと言えるでしょう。

その理由として、多くのサイトがポータルサイトに占められているという状況だからです。

これは、デートクラブ店舗側からすると非常に有意義です。

ポータルサイトが順位を独占していることにより、多くの店舗のサイトが平等に目立つ機会を得られるからです。

しかし、そこはお金の問題であり、資金力のない体力不足のデートクラブ店舗は負けてしまいます。

また、ポータルサイトに勝てない上位化店舗サイトは利用者候補群を取られてしまうのです。

つまり、『ポータルサイトから店舗を選ぶのか』『順位から目立つ店舗サイト選ぶのか』どちらかの選択肢しかありません。

ですが、現状ではポータルサイトが非常に多い為、順位で目立つことは難しいことが現状です。

しかし、ポータルサイトのアクセス数と目立つ店舗サイトとではアクセス数が3倍は違います。

その多くが、新規ユーザーかリピーターかによります。

ポータルサイトはリピーターが多いのです。

そのリピーターから発せられるデートクラブ店舗への口コミや評判があることにより、ポータルサイトから店舗への流入があると考えられるでしょう。

ポータルサイトはある程度のアクセスが、あり、かつ口コミや評判レビューが見込みなければ広告を出す意味もありません。

その逆にデートクラブ店舗サイト自身が検索で上位かしていれば、流入の期待値は非常に高いものになります。


これらのことから、ポータルサイトにより多くの広告を出し、自身のデートクラブ店舗サイト自体も上位化している店舗こそ、利用する価値があるのではないでしょうか?
posted by 愛人クラブログ at 23:26 | Comment(0) | 交際クラブ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: