2017年01月22日

ペナルティからの復活

1年前の交際クラブ業界の検索結果と現在の検索結果は顔ぶれが全く違います。
簡単に言うと、店舗サイトが目立つ傾向にあります。

特に、今まで見ることもなかった運営暦の長い大手老舗店舗が検索結果の上位に表示されています。

これは、SEOの弊害と言えるでしょう。

googleは、検索アルゴリズムを常に変えています。

この為、過去のルールを上書きして新しいルールに変えてしまった部分が影響しています。

つまり、新しいルールになった途端、今まで上位に表示されていなかった原因であったマイナス評価の要因がなくなったのです。

具体的には、SEOとは無関係の部分で他のサイトの評価を下げる影響のあるサイトからのリンクの力を0点にしたことが理由です。

本来の目的は、逆SEOに対するアルゴリズムが一般のサイトにも影響があり、リンク評価をクリアにするものとなったと考えられます。

このような動きがあったた、古くから運営暦のある老舗店舗サイトが検索結果の上位に返り咲く結果となったと言えるでしょう。

実際は悪いSEOをやっていたのに、ラッキーで好転できたに過ぎず、有料リンクを買っていたgoogleガイドライン違反者であることには変わりがないんですけどね。


posted by 愛人クラブログ at 23:28 | 交際クラブ関係