2014年12月18日

交際クラブで必要なこと。

交際クラブで重要なファクターとは、

それは、信頼性です。

この業界ては、1度でも逃した利用者は2度と戻ってきません。

それだけに信頼性と公共性のあるウェブサイトを作らなければならないのです。

現時点では平等に交際クラブの情報を載せているポータルサイトはありません。

その為、直接店舗が目立つ仕組みに、なっています。

それら目立つ店舗は当然ながら、運営先の贔屓交際クラブなので、ランキングや評価は当てになりません。

これでは利用者目線からすると、選ぶことが困難だと言えます。

大きな特徴としてはランキングを見ればすぐに分かります。

1位や2位の交際クラブ自体が運営しているポータルサイトを見に行くと、ランキング差が顕著なのです。

1位側のポータルサイトも2位側も、自社を1位にして、ライバルの交際クラブを、10位などにしています。

はっきり言ってバカです。

これでは信憑性の欠片もありません。

こんな偏った偏見混じりの評価を信じる人がいるのでしょうか?

少しでも可笑しいと思われた瞬間に、1位の交際クラブの信頼性や評判は落ちています。

こんな当たり前のことが考えられないようではダメでしょう。

素直に僅差の順位ランキングにしていれば良いものを。

また、評判や口コミは何も得られないほど悪口だらけです。あてになりません。

悪い評判を書いたならばすぐに消されます。

これでは意味がないですよね?

公平性のある、ポータルサイトが重要なのです。


posted by 愛人クラブログ at 03:39 | Comment(0) | 交際クラブ関係

2014年12月15日

交際クラブとデートクラブ

交際クラブとデートクラブという言葉は、どちらが多く使われているのだろうか?

そんなことを気にしたことはないでしょうか?

どちらも意味としては同じです。表記の形が違うだけで、同じものを指します。

何故このような意味のない言葉が生まれたのでしょうか?

理由の一つに店舗の運営方法があると言われています。

風俗店のように、店舗でデート相手を探すものが『デートクラブ』です。

つまり、世の中を沸かせた非常に風季の悪い商売であった『出会い喫茶』のようなものといえるでしょう。

その証拠に、出会い喫茶のようなデートクラブが流行っていた3年くらい前には、デートクラブで検索すると、そこには出会い喫茶が出てきていました。

その後、デートクラブというものを検索てしも、実際の検索結果に多いものは『交際クラブ』となっていきました。

デートクラブという言葉を使うこと自体は何も悪くありませんが、何故デートクラブという言葉の意味がズレていってしまったのでしょうか?

これに関しては簡単かもしれません。「イメージが悪かった」ということに尽きる気がします。

普通ならば、デートクラブという言葉自体が廃れそうなものですが、廃れませんでした。

これは、出会い喫茶のようなイメージの悪い存在であっても、テレビのニュースで毎日報道されるくらい、知名度が十分だったからです。

つまり、知名度を利用して集客をして、実際には交際クラブであるものをデートクラブと表現して人を呼び込んだといえるのではないでしょうか?

しかし、全く別物ではない点とデートクラブの衰退をあえて予測して検索させる為のキーワードとして利用したのだと考えられます。

交際クラブという言葉を使うサイトからするれば、利用者を取られて仕方ありません。

その結果、デートクラブを併用するサイトが増え、『交際クラブ/デートクラブ』と表記することが流行ります。

今では、どちらのキーワードのサイトも同じ数だけ存在し違いはほとんどありません。

実際は未だにデートクラブの方が知名度があり検索数も多いのです。

ニュースにもなりますし、まだまだ交際クラブという言葉は表には出てきていないのかもしれません。

ともかく、どちらのキーワードも意味は同じなのでどちらからも流入があるということは嬉しいことなのではないでしょうか?







posted by 愛人クラブログ at 23:55 | Comment(0) | 交際クラブ関係

2014年12月14日

SEOネタは嘘ばかり?

SEOネタ嘘ばかりです。

嘘ばかりというよりも、効果的な本当の対策が分からないのです。

過去の有効な対策も「今では意味がない」なんてことが当たり前です。

要するに、効果的な対策だと思っていて続けていると、実際は逆効果であることが多々あります。

それだけ、Googleのアルゴリズムは日々変わっており、判断は難しいのです。

それが分からないからこそ、幾つものSEOネタ情報を実践しながら「本当に効果のある対策」をすることが求められるわけです。

SEO対策については、世の中に「正式な仕様」というものは公開されておらず、今後も予定はありません。

ですので、初めから効果があると考えて期待することは間違いではありませんが、様々な情報はSEOネタとして、軽く参考にするくらいにしましょう。

「これをやれば正解」というものがないからこそ、SEOネタを意識したいものです。

基本的な対策をしっかり行えれば、それほど間違った対策にはならないのではないでしょうか。

ご参考にこちらをどうぞ。分かりやすいです。

posted by 愛人クラブログ at 05:11 | Comment(0) | SEO関係