2015年04月14日

ポータルサイト乱立

デートクラブの業界は分かりやすいものです。
検索順位が全てを決定すると考えることができるからです。

その理由は、ウェブ上にしか各デートクラブ店舗の情報が存在しないからです。


まず、多くの利用者候補群はどこからともなく『デートクラブ』という言葉を知ることになります。

その後、インターネット上で検索をすることになります。

ここで初めて、様々なサイトが存在していることを知るのです。

検索結果の該当ウェブサイト数は、100万件を超えます。

ウェブの世界では、ビックワードやミドルワードと呼ばれるほどの、なかなかの強豪揃いの業界です。

ウェブ検索結果がはじき出されると、デートクラブ店舗だけが存在しているわけではありません。

そこには、『店舗サイト』『情報ポータルサイト』『ブログ』『雑学サイト』などがひしめいています。

この時点で、情報が多く混乱することは間違いないでしょう。

デートクラブ利用者候補群は、店舗サイトにたどり着くことが非常に困難だと言えるでしょう。

その理由として、多くのサイトがポータルサイトに占められているという状況だからです。

これは、デートクラブ店舗側からすると非常に有意義です。

ポータルサイトが順位を独占していることにより、多くの店舗のサイトが平等に目立つ機会を得られるからです。

しかし、そこはお金の問題であり、資金力のない体力不足のデートクラブ店舗は負けてしまいます。

また、ポータルサイトに勝てない上位化店舗サイトは利用者候補群を取られてしまうのです。

つまり、『ポータルサイトから店舗を選ぶのか』『順位から目立つ店舗サイト選ぶのか』どちらかの選択肢しかありません。

ですが、現状ではポータルサイトが非常に多い為、順位で目立つことは難しいことが現状です。

しかし、ポータルサイトのアクセス数と目立つ店舗サイトとではアクセス数が3倍は違います。

その多くが、新規ユーザーかリピーターかによります。

ポータルサイトはリピーターが多いのです。

そのリピーターから発せられるデートクラブ店舗への口コミや評判があることにより、ポータルサイトから店舗への流入があると考えられるでしょう。

ポータルサイトはある程度のアクセスが、あり、かつ口コミや評判レビューが見込みなければ広告を出す意味もありません。

その逆にデートクラブ店舗サイト自身が検索で上位かしていれば、流入の期待値は非常に高いものになります。


これらのことから、ポータルサイトにより多くの広告を出し、自身のデートクラブ店舗サイト自体も上位化している店舗こそ、利用する価値があるのではないでしょうか?
posted by 愛人クラブログ at 23:26 | Comment(0) | 交際クラブ関係

2015年04月13日

交際クラブはグレーな業界?

デートクラブはグレーな業界です。

その理由は、利用者が抱える不安が大きすぎる為です。

まず一般的な高級風俗デリヘルなどの場合、店舗が存在しています。

どこかに店舗の拠点があるのです。

店舗の拠点は届出書の記載の住所を守っている場合がほとんどです。

そもそも公開などの必要もなく利用者の関わりもありません。

それだけ、住所の影響力は少なく意味が無い為、偽る必要もないのです。

高級風俗デリヘルなどは素直であると言えるでしょう。また、リスクが無いと考えられるでしょう。

利用者リスクも少なく問題はありません。

しかし、違反行為などがあった際のリスクは、突発的で回避できない場合が多いです。

デートクラブに関しては、届出書や拠点住所が自然とグレーな設置になってしまいます。

人の往来が発生するからです。

ます、届出書に記載されている住居を利用することはほとんどないでしょう。

これは、会員制と直接対応をする場合に使用できないからです。

男性会員も女性会員も一つの住所に出入りすることが出来てしまうこと自体が違法なのです。

※男女会員の接触が起こる可能性があるからです。

すると、男性会員か女性会員のどちらかは、別の場所での対応を迫られるのです。

この時点で、性的な案内を匂わせざるをえない女性案内を、事務所以外の外部で行うことはできないのです。

基本は喫茶店などでの面談ですが、プライバシーが守られないリスクしか有りません。

この為、届出書の事務所は女性にのみ利用させて、男性を外部で対応させることが一般的です。

多くの場合、男性会員はシティーホテルなどでの対応となります。

そうです。実際の事務所などは使用できず、存在しない形式になるのです。

これらがデートクラブの自然な形態であり、

デートクラブ条例を守るが故に実際の運営の形を偽ったり工夫せざるを得ないのです。

こうなることで、年会費を払う男性会員には不安とリスクが伴います。

実際の事務所に行けないわけですからね。

これでは、ニュースでよくやっている音信不通になるデートクラブと紙一重なのです。

様々な理由からグレーになってしまう業界こそ、デートクラブなのです。








posted by 愛人クラブログ at 00:47 | Comment(0) | 交際クラブ関係

2015年04月10日

残念なサイト

多くのデートクラブサイトが順位を落としている時期だと思います。
しかし、安易にウェブサイトを修正することは正しいことでは有りません。

まず、この業界は店舗の実態がありません。

現在のヴェニスアップデートに対応する為には、地域情報を含めなければなりません。

デートクラブは大別するの2種類に分かれます。

東京か大阪です。

この為、ウェブサイトのタイトルに地域名が含まれる店舗は有利になり、入らない店舗はふりになります。

これらの理屈は、現在地に依存してより近い情報を検索結果に表示するからなのです。

つまり、東京で『デートクラブ』検索をした場合、検索エンジンはその地域の情報を含むデートクラブを優先的に表示しようするので、東京という文章が含まれていなければならないのです。

同様に大阪の店舗の場合は、東京でデートクラブと検索をしてもいっさい出てきません。大阪でデートクラブと検索した場合にも東京の店舗が出て来ない訳です。

これらの理由から、現時点で一生懸命文字の追加をしようとしているデートクラブサイトが多いです。

ここに関しては多いに間違っているだろうと伝えたいです。

キーワードを装入するならばまだしも、オリジナルコンテンツを追加するサイトは自殺行為です。

何故か?

コンテンツの内部バランスが崩れるのです。

なぜ、せっか上位化しているサイトにキーワードフレーズを挿入せずに、何も考えずにテキストを追加するのでしょうか?

まず間違いなく、折角のコンテンツバランスを崩してしまってるはずです。

馬鹿ですね。

そもそものウェブ対策の考え方と知識を捨てている状態でしょう。

もしも対策エリアを変えようとするならば、内部テキストでコントロールすることはまったく意味がありません。


他作り上げて完成しているウェブサイトのコンテンツを乱れさせることしかしていないでしょう。

管理者の力量が試されるでしょう。

デートクラブはSEOが厳しく難しいジャンルであることをかならず覚えおきましょう。
とくにデートクラブはコンテンツがいのちです。

コンテンツが増えれ順位も上がるなんて安易な考えは捨てましょう。

posted by 愛人クラブログ at 03:26 | Comment(0) | 交際クラブ関係